トップページ > ダイエット> 第1・2章 
 

第一章

パンチャカルマ? アーユルヴェーダ?

 アーユルヴェーダ…この言葉を初めて耳にする人も多いはずですね。
日本ではまだ完全に浸透しているものではありません。一言で表現すると、インドに大昔から伝わる医学です。大昔と言っても生半可ではなく、今から三千年~五千年前―――日本では石のヤジリのついた木の棒で動物を追っかけていた頃―――に創られた医学の考えかたです。それが今日のインドでも一般に活用され、西洋医学とは別にアーユルヴェーダ医学として教育されています。また世界的にもWHO(世界保健機構)により正式に後世に残すべき伝承医学として認められています。
 パンチャカルマは、このアーユルベーダの柱の一つ。体内を浄化する方法の総称です。
私達、日本体質改善研究会が確立したダイエット法の真髄は、体内を浄化することにより身体(細胞)の活性を高め、元気と美しさを得ようとするものです。従来のダイエットは、ただ単に脂肪や糖質の吸収をカットしたり、これらの代謝(燃焼)を高める可能性のあるものだけを供給するものでした。
そこには脂肪を溜めずに、ドンドン消費(燃焼)できる元気な身体を造るという視点や発想が無かったのです。私達はアーユルヴェーダパンチャカルマの中にこの根本的な問題の解決法を見出し、パンチャカルマ・ダイエットシステムとして自信を持ってお勧めいたします。

<用語>
・アーユルヴェーダ(生命の真理)
・パンチャカルマ(体内浄化の総称)    

アーユルベーダは世界で最も古い医学とされています。インドという位置から東洋医学と西洋医学の両方の原点である可能性もあります。いずれにしても、現代の私達から見ても十分に理論的に体系だった学問であることは間違いなさそうです。
 

第二章

パンチャカルマとダイエット

 第一章ではパンチャカルマがどういったものかをご説明致しました。しかし、本題は「ダイエット」です。私達はダイエット=『体内に余分に蓄積してしまった脂肪を取り除くこと』と考えています。そして更に『脂肪を不必要に蓄積しない身体へと改善すること』を目指してきました。そして、その結論は?
 細胞の周りや脂肪細胞中に溜まっていたり、血液中で作られる中性脂肪。吸収した脂肪。こういった体内脂肪を筋肉やその他の場所でエネルギーとして使ってしまえば良いのです。つまり、体内に存在する脂肪を溜め込まないでドンドン消費する身体を作ることが出来れば、OKなのです。
 この目標を目指して身体の仕組みや栄養学、既にアーユルヴェ-ダに注目していた先輩、諸先生や私達の経験などを様々な角度から検討・研究した結果、理想的な方法を前述のパンチャカルマを応用して組み立てることが出来たのです。
 このようなプロセスを経てスタートしたのが私達の『パンチャカルマ・ダイエットシステム』です。
これからその真理をご説明いたします。これを十分にご理解いただきますと実際のダイエット法の一つ一つの意味がよく解ります。
意味を知って実行すると……。必ず成功するのです。
 
                      次のページ>
 
 




 
 

健康 - アサヒ・コム

携帯はこちら

QRコード
 

Copyright (C)2010 Ishoku Laboratory Co.,Ltd All Rights reserved.